Chrome OS生産性向上

スマホ & Chromebookで文書をスキャン、PDF保存、文字認識、文字を編集。

わざわざパソコンを使わなくても、スマートフォンやタブレットのアプリで、多くのことができるようになっています。

Chrome OS/Chromium OSで出来ないことは、たくさんありますが、スマホ/タブレットが補ってくれます。

今回は「スキャン」、そして「文字認識」(OCR)についてみていきたいと思います。

スマホでスキャン、PDFファイル化

iPhone/Android共に紙の文書をスキャンできる便利なアプリがいくつもあります。

「CamScanner」もその一つです。

文書をスマホのカメラを用いて撮影。

台形の補正をして、影ができてしまっている部分も自動的に修正してくれます。

「OCR」ボタンをタップすれば文字認識もしてくれますが、今回はGoogleで行いますので「✔」をタップして完了。

「PDFファイル」をタップします。

「ファイルに保存」で、Googleドライブに保存することができます。

Googleドライブ上で文字認識~Chromebookで編集可能に

Googleドライブのホームページにアクセスします。

スマホで撮影~スキャンしてPDF形式で保存したファイル上で右クリック。

「アプリで開く >」>「Google ドキュメント」を選びます。

Google ドキュメント上でPDFファイルが開いて、文字のみが抽出されて、編集可能となります。

 

改行位置が元の文書に忠実になっているため、修正は必要ですが、認識率はかなり高いです。

例えば、本をコピーしたときに斜めになってしまった紙の文書でも大丈夫。

Googleドキュメント上で、文字の編集が可能な状態にすることができます。

ScanSnapをスマホでコントロール

大量の文書をスキャンしたいときは、スマホでは面倒。やはりScanSnapが便利です。

ScanSnapの設定はChrome OS/ Chromium OSでは無理ですが、スマホ/タブレットのアプリで可能です。

さらに、ScanSnap Cloudを用いれば「ScanSnap Syncの設定」で自動的にスキャンした文書をGoogleDriveに保存させることが可能です。

 

 

 

「ファイル形式」で「PDF」を選択できます。

ScanSnap Cloudならスマホも不要

初期設定/設定変更の場合はスマホ/タブレット/PCのいずれかが必要となりますが、ScanSnap Cloudにより、「Scanボタン」を押すだけでスキャンが行われ、自動的に紙のサイズに応じて文書、名刺、レシート、写真ごとに異なる保存先サービスを選択できます。

以上のようにして、スマートフォンやタブレットと組み合わせることで、Chromebook上でもPDFファイル内の文書の編集が可能となります。

スマートフォンで文字の編集はツラいものがあります。

大きな画面で、複数のアプリ/ウィンドウを利用できる点では、文字の編集/大量の文字の処理については、キーボード&マウスで行う方が効率なものとなるでしょう。

このように、スマートフォンを組み合わせることでChromebookにはできないことでも補間することができるかと思います。

Windows PCにどっぷり浸かっている場合、環境が大きく変わるので、慣れるまでは大変かも知れませんが。。。

関連記事