1年間インク交換不要!エコタンク・プリンターで大幅な経費削減 印刷品質も結構イイ!!

投稿日:

ブラザーのインクジェット・プリンター MFC-J6770CDWが2年持たずに故障してしまい、あれこれ手を尽くしてみましたが鮮明な印刷が不可能となってしまいました。

新たに調達したのは「インク満タン1年分、印刷コスト90%カット!」というキャッチコピーのエプソン「エコタンク搭載」プリンター。

<スポンサーリンク>

価格を考慮して、一世代前のモデル「EW-M660FT」です。

(さらに…)

関連記事

MacからWindowsをリモートコントロール。MacとWindowsのデスクトップ画面を1台のパソコンで瞬時に切り替えながら作業する

投稿日:

パソコンをネットワーク越しにリモート操作する方法は昔からいくつもあって、Windowsではおなじみの”リモートデスクトップ”もその一つ。マイクロソフト社が開発し、RDP(Remote Desktop Protocol)という通信規約が公開されており、Macやスマートフォンなどでも利用可能となっています。

今回は、Mac側からWindowsを遠隔操作してみたいと思います。

<スポンサーリンク>

この時に問題となるのがキーボード。特に、日本語と英語入力モードの切り替えに難があります。苦し紛れながらも、解決方法を見てみましょう。

また、MacとWindowsのデスクトップ画面を1台のパソコンで瞬時に切り替えながら作業ができる方法についても見ていきたいと思います。

(さらに…)

WindowsからMacのデスクトップをリモート操作。仮想デスクトップで瞬時に切り替え、超便利!

投稿日:

事務所内での会議にMacを持参して参加していて、Windowsパソコンのソフトでファイルを参照したい時などに便利な「リモートデスクトップ接続」。手順については以下の記事に記してあります。

今回は逆のパターンで、WindowsからMacにリモート接続したい時の手順を、さらには、「仮想デスクトップ」機能を用いて、WindowsとMacのデスクトップ画面を1台のパソコンで瞬時に切り替えながら作業ができる方法について見ていきたいと思います。 (さらに…)

“IPカメラ”でWiFiリモコンの稼働状態をチェック。夜間、週末、休暇中にオフィスの状態がわかって安心。

投稿日:

前の記事で”出社前にオフィスの温度を快適に!”ということで、WiFiリモコンをご紹介したのですが、これがちゃんと動作するのか心配で(^_^;;;、導入してみたのがVstarcamのIPカメラ。

監視カメラというと電源の確保や取り付けが面倒、というイメージがありますが、これならコンパクトでオフィスの一角においてもいいかも、、、というIPカメラです。

200万画素あればHD同等。そこそこ画質はいいです。水平は355°回ります。上下は110°。カメラ自体が広角なので、これで一応一回り部屋中をチェックできます。マイク、スピーカーも内蔵なので、会話も可能。休日出勤の社員を驚かすこともできるかも。(それはイケませんね)

遠隔での操作はスマートフォン/タブレット、PCで行えます。

(さらに…)

出社前にオフィスの温度を快適に!”WiFiリモコン”で「スマートオフィス」の第一歩

投稿日:

より便利に、快適に、生産性の向上につながる仕事環境=「スマートオフィス」をICT機器を用いて実現する方法はいくつもありますが、今回ご紹介するのは”WiFiリモコン”。

空調が独立しているオフィスの場合、寒い冬、暑い夏の朝、空調のスイッチを入れてから快適な温度になるまでには時間がかかってしまいます。

リモコンがあるエアコンならば”WiFiリモコン”を用いることで、出社前にスマートフォンを使って空調のスイッチを入れる、というようなことが可能となります。

(さらに…)

1万円ほどで手に入る、Mini PC = TV boxを、Skypeビデオ会議専用機として活用

投稿日:

大学との共同プロジェクトで定例会議を弊社の事務所で行っているのですが、忙しくて会議の場所に集まれない場合、ビデオ会議での参加となるわけです。

ウチの会社では、外注先のプログラマーなどとの打ち合わせはGoogleハングアウトを用いているのですが、大学関係者・研究者の皆さんはSkypeを好まれる方が多いようです。

現在、Skype会議の専用機として活用しているのが、掌サイズの、いわゆる”TV Box”または”Mini PC”と呼ばれるもの。

GearBestで購入してから、半年以上が経ちますが、いい感じで使えています。 (さらに…)

Googleハングアウトでネット会議/打ち合わせ。画面共有、Googleドキュメントのリアルタイム編集が超便利。

投稿日:

Googleハングアウトの活用について、Googleカレンダーからハングアウトミーティングに参加する方法と、Gmailから通話を始める方法について、それぞれ見てきました。

私の場合、日時を決めて会議をする時にはGoogleカレンダーから、離れた場所同士で1対1で打ち合わせをするときにはGmailから”ハングアウト”するようにしています。

実は、WebブラウザーからGoogleハングアウトを開始することはあまり無かったりするのですが、基本となる使い方となりますので、手順を見ていきたいと思います。

Googleハングアウトは、パソコンの場合Macでも特別なアプリは不要です。Webブラウザーだけで映像と音声、文字によるコミュニケーションと画面の共有ができます。

(さらに…)

”Skype”から「ハングアウト」に移行。機動性抜群の”Gmailからハングアウト”

投稿日:

失礼ながら、今だにNiftyやOCNのメールアドレスを使っている法律家の先生が多いことに驚きを感じます。

そしてメーラーがOutlookとなると、さまざまなトラブルに悩まされることがあるかも知れません。

せっかく独自ドメインのホームページを持っているのなら、メールアドレスも独自ドメインをお使いになったらいかがでしょうか?

Googleが提供する「G Suite」ならば、メールの使いやすさ抜群で定評のGmailを独自のメールアドレスで利用することができます。

Gmailを使うとなれば、ハングアウトでコミュニケーションの幅が大きく拡がります。
今となってはSkypeよりもおススメです。

前回はGoogleカレンダーと”ハングアウト”との連携で、Web会議を簡単に実施する方法についてお伝えしましたが、今回はGmailからハングアウトを利用してコミュニケーションの幅を広げる方法について見ていきたいと思います。

(さらに…)

Web会議システムを”Skype”から「ハングアウト」に移行。Googleカレンダーとの連携が超便利!

投稿日:

首都圏の法律の専門家約50名によるプロジェクトの運営/進行に、Web会議を活用したいという相談を受けて導入検討を行いました。

経費面を考慮して、Skype/Skype for Businessにするか、Googleハングアウトにするかに絞って検討しました。

比較検討した結果として、Googleハングアウトベースとすることになりました。

決め手となったGoogleハングアウトの便利な点について、何回かに分けて書いていきたいと思います。

第一弾はGoogleカレンダーとの連携についてです。

(さらに…)

ポストイットを、いつでもすぐに使えるように、入れ物を100円ショップで見つけてみました。

投稿日:

ひところまで、思いついたこと、やるべきことを何でもかんでも”ポストイット”に書くようにしていました。

#ちなみに”ポストイット”は3M社の登録商標なので、純正以外は”のり付きふせん”とか、”貼ってはがせる付箋紙”というような表現をしているようです。

最近は「Google Keep」が進化して、代替として使うようになって、使う頻度が大幅に減っています。

それでも、絶対に忘れたくないことがあるときは、スマホにメモを貼っておいたり、モニター画面の縁に貼ったりしています。

アイデア出しのブレスト、KJ法での分析、大人数の場合は”ワールドカフェ”方式などの手法を用いる場合にはポストイットが大活躍します。

一方で、書類の分類ラベル、収納容器の中に何が入っているかがわかるように、暫定のラベルとして貼ったり、ゴチャつくケーブルを判別するためにタグとして取り付けたり、さまざまな用途で活用しているのですが、狭いオフィスの中でも色んなところに点在してしまい、いざという時にアレどこだっけ?と探すのがストレスなので、整理することにしました。

(さらに…)