Chrome OSG-SuiteGoogle Chrome生産性向上

ChromebookでもPDF形式の書類に文字入力できる「DocHub」

WindowsやMacでPDFファイルに文字を書き加えるには、無料版のAdobe Acrobat Readerで可能であることを前回の記事(こちらをクリック)で書きました。

私の場合、メインで利用しているのはGoogle Chrome OS。事務所ではChromeboxを使用しています。Adobe Acrobat Readerはインストールはできないのですが、オンラインツール「DocHub」を使えばPDFファイルの編集がカンタンです。

DocHubの利用

編集したいPDFファイルをいったんGoogle Driveに保存します。

Webサイト版のGoogleドライブ上で、編集したいPDFファイルを開きます。

PDFファイルが開いたら、画面上部の「アプリで開く」をクリックして「DockHub」を選びます。

初回のみ、Googleアカウントとの連携を求められます。

「許可」をクリックするとGoogleドライブと「DocHub」を連携できます。

「DocHub」でPDFをオンライン編集

PDFファイルが「DocHub」上で編集可能となります。

「A」(文字編集)ツールで、文字の入力、サイズの変更、マウスでの位置の調整などが直感的に行えます。

DocHubのメニュー

テキストの編集の他、コメントの追加、選択範囲を消したり(消しゴムアイコン)、画像やスタンプを追加したり、署名(Sign)などが行えます。

画面右上には3つのアイコンがあり、左の”ダウンロード”アイコンをクリックすると下記の画面が出ます。

「Update existing with new revision」を選んで「Export to Drive」をクリックすれば、オリジナルは残されて、修正されたファイルが同じGoogleドライブ内に保管されます。

「Computer」を選ぶとローカルに保存できます。

右側の”ハンバーガーアイコン”では印刷、ダウンロード、E-Mail添付での送信などが行なえます。

真ん中の”人型アイコン”では、ファイルの「共有」が行えます。

WindowsやMacでも、Google Chromeブラウザーを用いればわざわざAcrobat Readerを起動することなくすぐに編集ができるのは、とても便利です。

関連記事