Windows

いよいよ2017年12月31日まで!Windows 10への無償アップグレードのラストチャンス:支援技術無償アップグレード

Windows 10は、2015年7月29日からWindows 7/8.1からの無償アップグレードに対応し、このサービスは、1年後の2016年7月29日に終了しています。

一方で、”アクセシビリティ機能(支援技術)を利用するWindows 7/8.1ユーザー”を対象とした無償アップグレードを継続してきています。

実は、支援技術利用対象者の範囲はとても広く、視力が低い人が文字を拡大する機能を利用したり、マウスの操作が辛くて「Ctrl + S」のようなショートカットを利用している人も対象となっており、しかもアップグレード時には特にチェックは行われません。

ところが、この無償アップグレード・プログラムも2017年12月31日に終了してしまいます。まだアップグレードしていない方にとって、無料でのアップグレードの最後のチャンスとなりそうです。

アップグレードする前に

Windows 7からのアップグレード時に多いようなのですが、アップグレード作業に失敗してしまうことが結構あります。

上の画像の例では、「0xC1900101-0x30017」という記載がありますが、このエラーコードでネットで検索すると解決策が見つかるかもしれません。

無駄骨を折る前に、アップグレード時には以下のようにするといいと思います

  • 周辺機器をすべて外しておきます。
  • Micorosoft以外のセキュリティ対策ソフトをアンインストールしておいた方が無難です。

無償アップグレードの方法

1、以下のアドレスにアクセスします。

2、「今すぐアップグレード」をクリックします。

3、「Windows10Upgrade・・・」というアプリがダウンロードされるのでダブルクリック。

4、日本語名で「Windows 10 更新アシスタント」というアプリが起動するので、あとは案内に従います。

環境によっても異なりますが、アップグレード完了までにかなりの時間がかかります。

それでもアップグレードに失敗してしまう場合

それでも失敗してしまうようならば、以下についても対応してみるといいと思います。

さらに詳しくは、Micorosoftにより、以下のページに詳細がまとめられています。

 

関連記事