ストレスマネジメント

寒い冬も暑い夏も快適!「モールを、歩こう。」

2017年12月のこと。顧客へのシステム納品準備で徹夜が続き、プライベートでもゴタゴタしている中、冬の仙台へ日帰り出張。その夜に胸に痛みが押し寄せました。

救急搬送されて、検査後の診断は「冠攣縮性狭心症」。私の場合、睡眠不足、精神的ストレス、寒冷刺激が誘因となったようです。

「クラウドでしごと」をすると、事務所でも自宅でも業務が行えるようになって「籠りぎみ」になっていました。通勤も客先訪問も車ということも運動不足ぎみとなる要因です。

定期健診では尿酸値とコレステロール値が高く、特に悪玉コレステロールが多い状況。医師の指示の一つとして適度な運動をすることに。

ヒートショックを避けるトレーニング

問題は冬の室内と屋外の寒暖差。いわゆる「ヒートショック」が起きてしまうことを避けるために、室内での運動を薦められました。

今までトレーニング・ジムに入会しても長続きできたためしが無い自分。まずはiPhoneのトレーニング・サポートアプリで事務所の片隅でも自宅でも、いつでも思い立ったらトレーニングを行うことにしました。筋肉を鍛えるプログラムやヨガ、ストレッチ、有酸素運動系など豊富にあるものをいくつか試した中で「7分間トレーニング」というアプリを中心にトレーニングを行うことでいいリフレッシュにもなりました。

(Android版はこちら

7分間集中して体を動かすのでとても効く感じがします。

そうこうしているうちに、知人から薦められたのが「モールを、歩こう。」です。

安心・安全のウォーキング

幸い、家の近所に大型ショッピングモールが2つあって、そのうちの一つがイオンそのものです。

イオン・モールの場合、ウォーキング・コースが設定されており、歩行距離と消費カロリーの目安が分かるようにポイントごとに表示があります。

 

しごと帰りに立ち寄って毎日ウォーキング。iPhoneで計測される歩数で、イオン内だけでも5,000歩はラクに歩けます。天気に左右されず、営業時間内であればいつでもウォーキングができるのがありがたいものです。大きな声では言えませんが、私のように救急搬送されて経過観察中で定期通院中の者にとって、夜でも誰かに助けを求められるという安心感があるのもありがたい点です。

上の画像は極端ですが、顧客訪問の際に行きも帰りも2駅手前にして町を探訪しながら歩いた後、一つのショッピングモールで欲しいものを探しまわって2つのモールをハシゴ。22時まで営業しているイオンで夜のウォーキング。さすがにこれだけ歩くと帰宅して入浴後はぐっすりと眠れます。

春になって暖かくなってからはアウトドアで行動するようにしましたが、猛暑続きの夏には再び”モール・ウォーキング”に戻りました。

薬も併用したのですが、従前は基準値を遥かに超えていた尿酸値もコレステロール値も正常値に。

1年後の精密検査では異常なし。特に自転車を漕ぐ「トレッドミル検査」での負荷心電図も、心拍数150に上げても異常なし。

激しい運動をしても大丈夫とお墨付きをいただけました。

筋肉量が増えて内臓脂肪も減少。体重も絞れて、何よりもウェストが8cmも細くなりました。

これにより冬物、春物、夏物のスーツを新調するハメに。

食料品など、毎日のように買い物をするわけで。。。

しっかりとイオン様の売り上げに(マンマと)貢献させていただいています。

関連記事