アウトドア

「ワークマン・プラス」:アウトドア・カジュアルウェアに「プロ品質」をプラス。プライス・パフォーマンスの良さにハマっています。

冠攣縮性狭心症というトラブルを抱え、医師の管理下で薬の服用とモール・ウォーキングなど室内での運動を続けて1年後。

精密検査で異常がなく、積極的に外に出て運動をしようと思っていた時にちょうど「ワークマン・プラス」が話題になっていることを知りました。

2018年11月22日には「ららぽーと富士見」の3Fに「ワークマン・プラス」としては3号店がオープン。「FieldCore」というブランド・ラインのプライス・パフォーマンスにドハマりして買い揃えています。

オープン初日には入店制限があって長蛇の列。モール・ウォーキングで他店で買い物をして、改めて2度行ってみました。

作業着・仕事着のワークマンが展開を始めている「WORKMAN Plus」はアウトドア・スポーツ・レインウエアの専門店。”アウトドア・カジュアルウェアに「プロ品質」をプラス!”というコンセプトで、3つのラインを展開しています。

  1. 雨に強いAEGIS(イージス)
  2. 風に負けないFieldCore(フィールドコア)
  3. 動きを追求したFindOut(ファインドアウト)

「WORKMAN Plus」で扱っているこれらの3つのラインは、全国のワークマン各店舗でも購入できます。

特にバイクやフィッシングでAEGISが強力な防水・防寒性能として数年前から高く評価されるようになりワークマンブームに火が点いたそうです。

この中でも私の一番のお気に入りはFieldCore。遠くの店まで車で出かけていって、オールコンプリートするほどに買い揃えています。

 

 

 

 

”ファッショナブルなデザインで作業服のワクを越えたFieldCore。

高機能・高品質・カラフルなデザインを取り入れ、アウトドアブランドの定価の1/3を目指して開発されました。

『山』をイメージしたロゴは大自然へ出かけたくなる気分にさせてくれます。”

このシリーズは人気が高く、見つけた時に買っておかないと再度お店に行っても売り切れになっていたり自分に合うサイズが無くなってしまっていたりします。

ららぽーと富士見店がオープンして約3週間後に行ってみたのですが平日の昼間にもかかわらず、店内はバーゲンセール状態。ワークマンのレギュラー店舗では品切れ中のアイテムがサイズやカラーバリエーションも豊富に販売されていました。

通常店舗では入荷するとすぐに売れてしまう「AERO STRETCH ULTIMATE」フーデッドパーカー、3,900円。 

早期に買いましたが着ると暖かすぎてまだ着る機会がありません。初日の出の時に初めて着ることになりそうです。

DIAMAGIC DIRECT 防風防寒ジャンパー。2,900円。

赤、黄、青、黒の4色あって、パンツ(黒のみ:1,900円)で上下合わせても5,000円以内で揃います。

三菱商事ファッション(株)のテクノロジー「DIAMAGIC DIRECT」というファブリックを採用しています。

高度な防水/透湿性を誇る本格登山用の「GORE・TEX」に比べてどうなのかは分かりませんが、実際にシャワーを浴びせて実験してみたのですが「高水準の耐久撥水」とうたうこの性能は本物。近い内に動画にまとめて公開できればと思います。

こちらも暖かすぎて、今年の12月時点ではまだ着る機会がありません。

私の一番のお気に入りで、今回他の色を購入したのが「ストレッチソフト・シェルジャケット」2,500円。

前回は黒を探し回って購入したのですが、今回はブルー。

登山着で言うところのミドルレイヤー(中間着)となるものです。

外でウォーキング、低い山に2か所ほど登ってきたのですが、気温10℃を切る日でも汗冷えを防ぐメッシュタイプの「ドライレイヤー」をアンダーウェアに、シャツを1枚。この上にこれを羽織るだけで大丈夫。

デイパックにDIAMAGIC DIRECT 防風防寒ジャンパーを押し込んで行ったのですが両日ともに出番はありませんでした。

自然の中で癒されながらハイキング、ということで低い山程度であれば「動きを追求したFindOut」もよさそうです。

上の「ストレッチソフト・シェルジャケット」と組み合わせてみようと思い買ってみました。

CROSS SHIELDベスト(1,500円)とパンツ(1,900円)。

試着してみたのですが、STRETCH性能によって、とても動きやすいので、これからの冬の時期、天候によっては関東の低い山に登る時に着てみようと思います。

本業にまつわるガジェットやデバイス、趣味の音楽など、そして何よりも日常の衣類など、どれも費用がかかる中で、機能が高くデザインもそこそこ良くて低価格という、WORKMAN PLUSの戦略に、マンマとはまり込んでしまっております。

関連記事