周辺機器

スケルトンのリムーバブル・ドライブ・ケース。中身がひと目で識別できるのが便利

ノートパソコンの動作を少しでも速くしたい、ということでハードディスク(HDD)をSSDに載せ替えたとき、取り外したHDDを有効活用したい、というときに便利なのが「リムーバブル・ドライブ・ケース」。

今回は、スケルトンで中身が見えるタイプのものをアマゾンで見つけて購入してみました。

USB 3.0対応なので高速な転送が可能で、1,000円を切る値段。とっても気に入りました。

HDDの厚さは2タイプ

ノートPCに搭載されるハードディスクは2.5インチのものがほとんど。

SATAという形式が主流で、本体との接続がかんたんにできる規格で統一されています。

しかし、厚さには2通りあって、比較的古い機種の場合9mmの厚さがあるタイプが多く、最近の機種では薄い7.5mmが多く搭載されています。

SSDの場合、7.5mmのものが現在では主流です。

厚さ2タイプ両方に対応

ほとんどのリムーバブル・ドライブ・ケースと同様、このケースも両方の厚さに対応しています。

ケースはスライド式になっており、両手で持って上蓋と本体をずらす事で開けられます。

接続端子にドライブを挿し込んで上蓋をスライドさせて取り付ければ完了。

パソコンのUSB端子に青いポートがあれば、そのポートはUSB3.0に対応しています。

USB2.0と比較して、理論上は10倍の速度があります。

アクセスランプが点いて、いい感じです。

ケーブルが接続され、USBポートから電源が共有されると青のLED点灯し、アクセス中には赤のLEDが点滅して、動作状況がわかりやすくなっています。

従来使っているケースもディスクの差し替えが簡単にできて、スタンド式で使える点で、かなり使い勝手がいいです。

一方、今回のスケルトンケースの場合、いくつものディスクを差し替えて使うときに、どのディスクが入っているかがひと目で識別できるのが便利です。

余っているディスクがあれば、リムーバブル・ドライブ・ケース、一つあると便利です。

関連記事