Windows10 PCの動作が重くて遅くてしょうがない、それはWindows Updateの失敗が原因かも知れません。

投稿日:

Windows 10のパソコンの動作が遅い/重い、電源投入後起動する時間がとても長い。。。

そんなトラブルで業務に差し支えが生じたパソコンが、弊社に常に持ち込まれておりますが、その原因のほとんどは、Windows Updateの失敗が原因。

Windowsの更新プログラムは基本的に毎月第二水曜日に配信されており、すべての機種ではないのですが、この更新プログラムによるトラブルが毎月のように発生しています。

今回はWindows 10のアップデートに関わるトラブルの対応について見ていきたいと思います。

もちろん、これ以外の原因もあります。症状別のトラブル脱出法を下記の記事にまとめました。併せてご覧ください。

(さらに…)

関連記事

Windows Update関連のトラブル事例:ログイン後ブルースクリーンが表示されて強制的に再起動されてしまう。”IRQL”関連

投稿日:

Windows 10のアップデート後の不具合には様々なケースがありますが、中には起動してログイン後にトップ画のように「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。」という表示が表れてしまい、しばらくすると強制終了で電源が切れる、という症状が起きてしまう場合があります。

本稿は、昨年10月に書いたものなのですが、相変わらず同様のケースが起きています。

PCの電源を投入後、ログイン画面が現れてパスワードを入力してデスクトップが表れて数秒でトップ画のようなブルースクリーンが表示されてしまいます。

停止コードとして”KERNEL AUTO BOOST LOCK ACQUISITION WITH RAISED IRQL”と表示されています。

”IRQL”すなわちハードウェアの割り込み要求に関するトラブルとなると、何らかのドライバーに問題がありそうです。

(さらに…)

関連記事

久しぶりに起動するPCには要注意!Windows 10の更新後、再起動はできるがログイン画面までたどり着けない不具合の対処

投稿日:

2015年7月29日にWindows 10が正式公開となってから丸2年が経過しました。

改善および不具合の修正が施され続け、サービスオプション毎に異なりますが、最新のバージョンは2017年4月11日に公開された「1703」となっています。

弊社で納入させていただき、安定稼働するようにチューニングさせていただいているPCについては、問題は起きていないようなのですが、同じ症状のトラブルを抱えたパソコンが立て続けに持ち込まれてきました。

どれも久しぶりにパソコンを起動しようとしたら、システム更新が始まってしまい、再起動したらログイン画面にまでたどり着けないというものでした。

(さらに…)

関連記事

起動できなくなったWindows 10を「スタートアップ修復」で治せるか試してみる。

投稿日:

Windowsにはトラブルがつきものです。

一番多いのがWindows Updateの時でしょうか。

パソコンにとって、最適ではないデバイスドライバーが入ってしまったり、アップデート・プログラム自体に欠陥があったり、更新作業中に不意に電源が落ちてしまったり、、、

時間がかかってでも起動できれば、Windows Updateを手動でやり直して問題を解決できる場合が多いものです。

ところが、起動すらできないという、困った状況の場合もあります。

手っ取り早い方法としては、「再セットアップ」となりますが、インストール済みのソフトウェアを消したくない、再セットアップしたくない、大切なファイル/コンテンツのバックアップを取っておらず、失いたくないという時に、試してみたいのが「スタートアップ修復」。

じっくりと一つ一つ手順を追いながら自動で修復作業を行うため、かなりの時間がかかります。場合によっては丸1日かかってしまう場合もありますので、それなりの覚悟が必要となりますが。。。

それでは、手順を詳しく見て参りましょう。

(さらに…)

Windows 10の回復:PC/タブレットをリフレッシュして初期状態に戻す

投稿日:

Windowsパソコンの調子があまりにもひどい時、対応方法はいくつもありますが、最後の手段として、パソコンを初期状態に戻す、という方法があります。

今回ご紹介するのは、パソコンの動作が不安定で、システムを初期状態に戻す方法の一つとして、パソコンの起動/ログインまでは可能な場合での方法です。

パソコンを他人に譲る場合にも使える方法です。

手順を詳しく見ていきましょう。

(さらに…)

【特集】Windowsのトラブルに備える!バックアップと復旧方法のまとめ

投稿日:

Windowsでは、トラブルに備え、トラブルに対応するために用意された方法がいくつもあって混乱してしまいます。

#Macならば、とってもシンプルなんですけどね。。。

バックアップする方法としては、「ファイル履歴を使用してバックアップ」する方法だけでなく、「バックアップと復元(Windows 7)」や「システムイメージの作成」などがあったりします。

パソコンを元に戻す方法にも、「回復」、「復元」、「リフレッシュ」、「イメージからの復元」など色々あって、ワケがわかりません。

・・・ということで、今一度、トラブルに備え、トラブル発生時にシステムを復旧させる方法について、整理しておきたいと思います。
それでは、詳しい手順を見ていきましょう。

(さらに…)

スティックPCのCreators Update (バージョン1703)へのアップグレード後のトラブルに対応

投稿日:

今回、多数のWindows 10 PC、タブレットをバージョン1511/1607からCreators Update=バージョン1703へアップグレードしました。

25台アップグレードしてみた中で、こちらに書いた通り、特殊なストレージ構成のPCが1台、更新作業中にトラブルが発生しました。

その他はすべてうまく行ったと思っていた中で、ドスパラのスティックPC「DG-STK1B」が、音が出ない、MicroSDカードを認識しない、動画がコマ落ちする、というトラブルが発生していた事に後で気づきました。

今回は、これらのトラブル修正対応について、見てまいります。

(さらに…)

パソコンの動作が不安定。そんな時には「システムの復元」を

投稿日:

パソコンの調子が悪くなってしまい、うまく動作しないという時、Windows XP以降には「システムの復元」という機能があります。

従来、Windowsでは、毎月第二水曜日にまとめてシステムの更新が行われてきましたが、このWindows Updateが2014年後半から不具合が毎月のように発生。Windows 10からは更新が随時行われることになり、これが吉とでるか、凶となるかは未知の状況です。

また、新しいソフトや周辺機器を接続した後に不具合が発生することもあります。

パソコンの動作が不安定なとき、「システムの復元」機能を用いれば、パソコンを以前の状態に戻すことができます。作成したファイル、保存済みのコンテンツには影響はありません。ご安心を。 (さらに…)

Windows 10 Creators Updateへのアップグレードで、パソコンをリフレッシュして不具合を解消

投稿日:

2017年4月11日にWindows 10の新しいバージョン「Creators Update(RS2:バージョン1703)」が正式に公開されています。

本稿執筆時点では、ユーザーの意思で更新するか、しばらくスルーしたままにしておくか、を選べるようになっています。

現時点で特に問題がなく安定して動いているのであれば、そのまま利用し続けて、自動でのアップデートに任せておけばいいと思います。

一方で、現在、動作が不安定で、こちらの記事のように仕事に差し支える程の状態にあるならば、いっそCreators Updateにアップグレードしてしまうというのも、一つの方法。

今回は、Creators Updateへのアップグレードの詳しい手順について見ていきます。

(さらに…)

パソコンが重い、遅い、使い物にならない。Windows Updateの欠陥プログラムによる不具合が修正されるまでにできることは?

投稿日:

またまたお客様から「動作が遅すぎて仕事にならない。。。」パソコンが数台ある、という連絡を受けて出動。早速拝見させていただいたPCは、電源ボタンを長押しして強制終了させたそうです。

起動後タスクマネージャーをチェックすると、「Windows Modules Installer Worker」とAntimalware Service Executable」、そして「System」などが、大量にCPUパワーを使い、99%が使われている状況。

重い。。。

これでは仕事にはなりませんね。 (さらに…)