ダイソーの「ホッピングバッグ」が、モノの整理をするときに臨時の大きなゴミ箱として便利

投稿日:

割と大がかりにモノの整理を始めると、捨ててもいいものがどんどん出てきます。

・・・というか、思いきって不要なものをどんどん捨てていかないと、狭いオフィスの限られたスペースがすぐに溢れてしまうので、書類などはスキャンでPDF化して上でどんどん捨てることにしています。

時間を取ってモノの整理をするときに、臨時で大きなゴミ箱を使いたいときに、便利なのがダイソーの「ホッピングバッグ」。

とあるイベントで、活用しているところを見て真似させていただいています。

また、300ショップ3COINSにある折り畳み式のバッグもいい感じです。 (さらに…)

関連記事

Seriaの「キッチン マルチスタンド」なら、ゴツいノートPCも安心して立てられます。

投稿日:

サッカーで得点を決めた後に、仲間に祝福されて乗っかられると、メチャクチャ苦しいものです。

ノートPCを重ねると、そのことを想い出してしまって、立てて置いた方がいい、と思ったりするのですが、一方で、倒れた時の衝撃が怖かったりします。

以前、「ノートPC、タブレットの充電スタンドは、ダイソーの「竹製お皿立て」108円なり」という記事を書いたことがありましたが、15.6インチ級のゴツめのPCの場合、少し心もとないものがありました。

Seriaのキッチンコーナーあたりにある金属性の「キッチン マルチスタンド」ならば、ゴツいノートPCでも安心して立てかけておけるだけの剛性があります。

(さらに…)

関連記事

Seriaの「Plenty Box」とファイルボックスで、日用品の買い置きを整理してストック

投稿日:

オフィスには、なるべくならモノを減らしたいのですが、少し整理をサボるとすぐにモノが溢れてしまいます。

一方で、買い置きしておいた日用品などをテキトウにしまっておいて、賞味期限になったり、ダブってしまったりすることもあったり。。。

今度は日用品のストック棚の整理です。

今回は、100円ショップSeriaで売っている、フタ付き段ボール箱”Plenty Box”と、クラフト紙のファイルボックスで整理をし始めています。

(さらに…)

関連記事

ポストイットを、いつでもすぐに使えるように、入れ物を100円ショップで見つけてみました。

投稿日:

ひところまで、思いついたこと、やるべきことを何でもかんでも”ポストイット”に書くようにしていました。

#ちなみに”ポストイット”は3M社の登録商標なので、純正以外は”のり付きふせん”とか、”貼ってはがせる付箋紙”というような表現をしているようです。

最近は「Google Keep」が進化して、代替として使うようになって、使う頻度が大幅に減っています。

それでも、絶対に忘れたくないことがあるときは、スマホにメモを貼っておいたり、モニター画面の縁に貼ったりしています。

アイデア出しのブレスト、KJ法での分析、大人数の場合は”ワールドカフェ”方式などの手法を用いる場合にはポストイットが大活躍します。

一方で、書類の分類ラベル、収納容器の中に何が入っているかがわかるように、暫定のラベルとして貼ったり、ゴチャつくケーブルを判別するためにタグとして取り付けたり、さまざまな用途で活用しているのですが、狭いオフィスの中でも色んなところに点在してしまい、いざという時にアレどこだっけ?と探すのがストレスなので、整理することにしました。

(さらに…)

100均のケースを中心に、溢れかえるモノを分類、整理、収納してみました。

投稿日:

今年2月に仕事環境の”棚卸”を行ってから9カ月。ようやく見直しする時間が取る余裕ができました。

自分たちにとってはユルいルールで、使ったものを元に戻しやすいように、モノを保管する棚を一つにまとめて、100均のケースを中心に、柔軟に分類/整理ができるようにしてきました。

この9カ月、じっくりと時間をかけて、モノを片付けやすい場所を探りながら、その都度、ケースごと場所を変更したり、不要なものは廃棄したりしてきて、ようやく大体モノの収まり場所が固まってきたかな?・・・という感じです。

これまでケースの中身が分かるように、ポストイットをラベルとして使ってきていたのですが、当面の完成形として、印刷したラベルにして統一感を持たせてみました。

(さらに…)

OAタップ対応のケーブルボックスで、スッキリ!!

投稿日:

机の下がケーブルでごちゃごちゃで、見た目も気分も悪いので、ケーブルボックスでスッキリまとめてみることにしました。

img_8742

今までケーブルボックスはお店でいくつも見かけたのですが、どれも一般家庭用で3~4口程度の小さな電源タップを収納する程度のもので、仕事場では使えなかったのですが、十分収まるもので使い勝手がいいものが、ようやく見つかりました。

(さらに…)

書籍をデジタル化して全文検索できるように蔵書管理するなら、やっぱりEvernoteが便利

投稿日:

1,書籍を裁断機で背部分を切り離してバラバラにして、2,スキャナーで取り込みながら検索可能なPDFとして保存して、3,クラウドに置いておくことで、今まで”デッドストック”として書棚の奥に眠っていた書籍が”デジタル・アセット”すなわち”情報資産”として、活用可能となります。

取り回しを考えると保存形式はPDFが今の所は何かと便利。

膨大なPDF形式のデジタル書籍を管理する方法は人それぞれ違いますが、全文検索により、素早く関連資料を見つけ出すならば、やはりEvernoteが優れているように思えます。

(さらに…)

厚い書籍も一刀両断。大型裁断機で自炊もラクラク

投稿日:

”自炊”、いわゆる紙の書籍を電子化するにあたって、書籍をバラバラにしてスキャナーで読み取れるようにするためには、「ディスクカッター」という裁断機を使って来ています。

この場合、いっぺんで切れるのは、紙質にもよりますが、10枚程度。一冊ずつ地道にデジタル化を行ってきました。

今度、本格的に書籍を処分、、、というよりも、資料として有効に役立てるために、書籍類のほとんどを電子化する事に。

そのために書籍を1冊まるごとスパッと切れる裁断機として、”400枚を裁断可能”とうたう、「BA58A4」という機種を導入してみました。

(さらに…)

スマホ、タブレット、ノートPCスタンドに100円(税別)のディッシュ・ホルダー

投稿日:

まぁ、いろいろなものを机周りに立てております。(^_^;

精密機器を重ねて置いちゃうことが気になる、というのが事の発端でして。

自宅と会社を行き来して、外出して事務所に戻ってきて。。。

ノートPC,タブレット、スマートフォンなど、外に持ち出す機器をカバンに入れっぱなしにしてしまったり、積み上がった書類の間に挟み込んでしまったりして起こる悲劇。

緊急の電話に出られない。充電切れ。。。

いざという時にパッと持ち出せるように、充電スタンドを兼ねて、モバイルツールの置き場として決めているのがダイソーで見つけた”Dish Holder”。

(さらに…)

「超」整理法の棚の代わりにマガジンラック。そろそろ本気でペーパーレス。

投稿日:

「超」整理法。私の机回りの書類の氾濫から救い出してくれたのがこの方法です。

この方法と出会って以来、時代の流れと共に自分なりにアレンジを加えながら形を変えてきました。特に、大学の研究室ではない普通の日本のオフィスでは個人用の棚すら使えないことがほとんど。

狭い机の回りを有効に使いながら、「重要度」、「緊急度」の高いものほど身近に置く方法を採っています。 (さらに…)