OneDrive「ファイル オンデマンド」:ファイルはクラウド上に保管しておいて、必要な時だけダウンロード。

投稿日:

企業や学校向けのOffice 365アカウントのOneDriveファイル容量は、契約によって、1TB~無制限となっています。

ストレージ容量が少ないタブレットなどでは、すぐにファイルで溢れてしまい、使用できなくなってしまいます。

これほどの容量のファイルの全てをクラウドとパソコン(ローカル)で同期すると、長時間同期を続けることになり、パソコンの動作が重い状況が続いてしまいます。

さらには、同期のミスが起きてしまったり、複数のPCで同期作業に時間差が生じて大切なコンテンツが失われてしまう場合もあります。

そこで便利なのがOneDriveの「ファイル オンデマンド」機能です。ファイル/コンテンツはクラウド上に保存しておいて、必要な時だけダウンロードしてくる、という仕組みです。

(さらに…)

関連記事

OneDriveを個人と会社/学校のアカウントで併用する。

投稿日:

会社や学校がOffice 365を契約している場合、OneDriveは、会社や学校のアカウントと個人用のアカウントで併用することができます。(#管理者側で許可されている場合)

併用すると、トップ画のように、OneDriveアイコンの白と青の2つが表示されて、使い分けることができます。

OneDriveのアカウント追加の方法について見ていきましょう。

(さらに…)

関連記事

【特集】まだまだ不具合が生じる「OneDrive」とどう付き合う?

投稿日:

OneDrive は、Microsoftが提供するオンライン ストレージで、Windows 10には標準で搭載されています。

Dropbox, Googleドライブなど、数々のオンライン・ストレージがありますがOneDriveは、他のサービスと比較してトラブルが多く、信頼性に欠ける状態が続いています。私自身、OneDriveの動作については100%信じないことにしており、あくまでのサブのストレージとして利用し、重要な業務では使用しないようにしている・・・というのが実の所です。

Windows 10自体、原則毎月第二水曜日(日本時間)に配信されるWindows Updateで毎回トラブルを発生させている通り、とても信頼性に欠けるOSとなっています。OneDriveもリリース以来、いくつもの問題を抱えています。この特集では、どのような時にトラブルが起き、どのようにしてトラブルを回避していくかを織り交ぜながら、活用法について見て行きたいと思います。

(さらに…)

関連記事

他人のPCを借りる時、代替機を使用する時に、MS Officeを使う必要がある場合には「Office Online」

投稿日:

パソコンに不具合が生じてしまい、サブのPCやタブレットもしくはMacにMS Officeが入っていない時、代替として「Office Online」を使うという手段があります。

当初は使い物にならないものでしたが、最近では実用として、”かなり使える”ようになってきています。

「オフラインでの編集機能」、「共同編集機能」など、まだまだGoogleドキュメントに及ばない部分もありますが、インターネットに安定して接続できれば、まるでMS Officeと同じ感覚で利用できる点、互換Officeアプリでレイアウトを崩してしまうということも起こりにくい点、などが大きな利点です。

ヘビーユーザーでないならば、工夫して用いることで、無料で使えるこれで十分かも知れません。今回はOffice Onlineを利用する上での”工夫ポイント”について見ていきたいと思います。 (さらに…)

OneDriveでパソコンのストレージ容量を節減する「同期させるフォルダーの選択」と「OneDrive ファイル・オンデマンド」

投稿日:

Windows 10 Fall Creators Update = バージョン1709では、クラウド・ストレージである「OneDrive ファイル・オンデマンド」が新たに利用可能となっています。

従来の、同期させる「フォルダーの選択」とは別の形で、タブレットなど、ストレージ容量が少ない機種の場合、ありがたい機能です。

今回は、これら2つについて見ていきたいと思います。

(さらに…)

Windwos10でOneDriveが同期されなくなった/繋がらない時の対処方法

投稿日:

Windows 10に標準搭載のOneDriveは、いまだに不具合を抱えているようです。

「OneDriveで同期が突然きなくなってしまった」というトラブルに関する問い合わせが、相変わらず続いています。

問い合わせ履歴を見てみると、月半ばが多いことに気づきます。もしかしたら、毎月第二水曜日に配信されるWindows Updateが関係していたりして?などと思ってみたりするのですが、まだ原因は特定できていません。

実は、弊社社内では重要なデータは一切OneDriveには保管していません。理由の一端は、こちらの記事にもまとめていますが、OneDriveそのものが信頼性に欠けるからです。

万一、失っても構わないような”一時的なファイルの置き場”として割り切って使っている状況ではありますが、便利であることは間違いないOneDriveが使えなくなった時には復旧できるようにしておきたい、ということでその手順についてまとめておきます。

(さらに…)

OneDriveサイトのメニューが英語表示になってしまったとき、日本語表示にする方法

投稿日:

いろいろとアレなOneDrive。

以前はおっかなくって、仕事になんか使える代物ではなく、よくもまぁ、こんなんでお金を取れるもんだと笑っておりました。

ここ数年、四半期ごとくらいに、日本マイクロソフトの担当者から電話がかかってくるたびに、OneDriveおよびOneDrive for Businessのダメだしをしてきましたが、最近ようやく使えるようになってきたかな、と思ってみても、まだまだいろいろと残念な状況に出くわしてしまいます。

その一つとして、OneDriveサイトにログインしたとき、メニューが英語表記になってしまうという不具合が、まだまだ起きたりします。

(さらに…)

Windows 10タブレットの容量を節約:Dropbox / OneDriveをMicro SDカードで管理する

投稿日:

Windowsタブレットの内蔵ストレージが32GB, 64GBなど容量が少ない場合、OneDriveやDropboxをローカルに保存/同期させるのはキビしいものがあります。

Micro SDスロットがある機種の場合、Micro SDに保存/同期されるようにすることで容量の心配は軽減されることでしょう。

今回は、タブレットでDropbox / OneDriveをMicro SDカードで管理する方法のご紹介です。
(さらに…)

特集「OneDrive活用」 vol.5:OneDrive経由で、離れたPCのファイルを参照

投稿日:

自宅に仕事を持ち帰り、作成した書類をOneDriveに保存したハズなのに、オフィスでOneDriveを開いたら見当たらない!

そんな時に便利なのがOneDriveの「PC」アクセス機能。

WebブラウザーでOneDrive経由で、自宅のパソコンの中に置かれているファイルにアクセスして、遠隔操作のパソコンから、パソコンの中身を見て、探して、ファイルをダウンロードすることができます。

(さらに…)

特集「OneDrive活用」vol.4:Windows 10でOneDriveが全く同期できなくなった時の対応

投稿日:

新しいOneDriveを作って、まっさらな状態で、いきなり大容量をパソコンとOneDriveで同期させて、Windows 10のOneDriveが耐えられるか(^_^; 検証を行ってみました。

OneDriveで、容量が1GB~2GBに及ぶ動画データが3点含まれ、フォルダー数:1,650、ファイル数:8,809で合計約14GBを、Windows 10のパソコンのOneDriveフォルダーに置いて、”ネットのあちら側”と一気に同期させてみたものです。

結果は、、、無理でした。

そして、OneDriveの同期アプリが使えなくなりました。このような事態に陥った時の対処法について、以下に記します。

(さらに…)