「会計freee」で、個人/個人事業主の確定申告がスイスイ、小規模法人の確定申告の手間もかなり削減

投稿日:

会社勤めから独立して法人化するまでの間は、個人事業主として確定申告を行っていました。この場合、1月1日から12月31日までの所得(=収入-経費)に対する税金額を確定させて、所得に応じた税金を納めることになります。

クラウドワーク合同会社の業務の大半を受け継いだ、情報環境コミュニケーションズの決算期は12月。

法人の確定申告は決算日から2カ月以内に行う必要があり、個人の確定申告と同時期になるため、以前はとても大変でした。

<スポンサーリンク>

会計freeeを利用するようになって以来、確定申告の手間も大幅に削減されました。2017年の法人の確定申告に必要となる決算報告書も年明けすぐに完成することができました。

(さらに…)

関連記事

会計freee x クレジットカードで、経理処理の負担が大幅に削減

投稿日:

前回は、「レシートの山も「会計freee」と「スマホ」&「ScanSnap」で、ほんの数分で記帳完了」

という記事を書きましたが、そもそもfreeeでは、全ての支払いをクレジットカードで済ませるようにすれば、面倒な記帳作業は不要となります。

使いはじめのうちは、「勘定科目」については修正が必要となる場合がありますが、”覚えさせる”ことで、修正の手間が低減していきます。

<スポンサーリンク>

今回は、会計freeとクレジットカードの組み合わせで経理業務の負担が大幅に削減可能となる様子をご紹介したいと思います。

(さらに…)

レシートの山も「会計freee」と「スマホ」&「ScanSnap」で、ほんの数分で記帳完了

投稿日:

”会計freee”には、情報環境コミュニケーションズの頃、2014年からお世話になっていますが、このクラウドサービスのおかげで、少数精鋭の職場において、大幅な労力の低減と、生産性の向上が実現できています。

今回は、その一端をご紹介していくシリーズの一つとして、記帳の大幅な省力化についてご紹介してまいります。

(さらに…)

会社設立の面倒な手続き、書類作成の負荷が大幅に低減。必要なすべての面倒をみてくれる「会社設立フリー」

投稿日:

2018年1月に、クラウドワーク合同会社という新しい会社を立ち上げ、2011年以来、士業を対象にITサポートを行ってきた一般社団法人 情報環境コミュニケーションズから業務をバトンタッチしました。

これを機に、本ホームページのアドレスを、http://johokankyo.com/からhttps://cloud-work.jp/に変更させていただいています。

今まで、いくつもの法人の設立に関わってきましたが、今回の会社設立は、”今までの労力は一体何だったのだろう?”と思わせるほど、簡単かつ楽なものとなりました。

「会社設立フリー」というWebサービスによって、面倒な会社設立書類の作成が、画面の案内に従うだけで5分ほどで完成してしまいます。これにより本業のスタートダッシュに専念できるのが嬉しい限りです。

(さらに…)

「Wantedly Peope」にScanSnapでまとめて名刺を取り込むと大量の重複が起きてしまう問題

投稿日:

名刺管理については弊社のお客様も頭を悩ませていらっしゃるようです。

デジタルで効率化を図ってきたけど、どうもうまくいかない、しっくりとこない、というのが異口同音です。

特にしごとの効率化のためにScanSnapを活用されているお客様が多い中、名刺管理にも活用する方法はいくつもある中で、現時点で、さらに便利で使い勝手のいいサービスはないものかと、ScanSnapと「Wantedly Peope」との連動について試してみました。 (さらに…)

OneDriveでパソコンのストレージ容量を節減する「同期させるフォルダーの選択」と「OneDrive ファイル・オンデマンド」

投稿日:

Windows 10 Fall Creators Update = バージョン1709では、クラウド・ストレージである「OneDrive ファイル・オンデマンド」が新たに利用可能となっています。

従来の、同期させる「フォルダーの選択」とは別の形で、タブレットなど、ストレージ容量が少ない機種の場合、ありがたい機能です。

今回は、これら2つについて見ていきたいと思います。

(さらに…)

【特集】クラウド・ストレージは「G SuiteのGoogle ドライブ」で決まり!

投稿日:

今や三大クラウド・ストレージと言えるDropbox、OneDrive、Google ドライブ。

弊社の顧問先には、独自ドメインでメールをご利用いただくことを入り口として、G Suiteを導入していただいて来ましたが、今まさに「Google ドライブ」を自信を持ってお薦めさせていただける完成度となっています。

「G SuiteのGoogle ドライブ」であれば、いつでも、どこでも、誰とでも、情報資産を有効に使って仕事の効率を大幅に高めることができます。しかも安全に。

業務でクラウド・ストレージを活用するにあたって、G SuiteのGoogle ドライブがどのように優れているかを見ていきましょう。

(さらに…)

Google Driveの「チームドライブ」があれば、組織内でのファイル共有に、もはやNASは不要に

投稿日:

G Suite Enterprise、G Suite Business、 G Suite for Educationでは「チームドライブ(Team Drive)」という機能が利用可能となっています。

Google チームドライブは、仕事や研究などの仲間同士で共有するファイルを、保存しておくことができるスペースです。

使い勝手はLAN内に置かれているNASなどのファイルサーバーによる「共有フォルダー」と同じです。

半年あまり使ってきましたが、NASは、ファイル共有の用途としては不要となっています。

(さらに…)

Dropboxユーザーが戸惑う、Googleドライブでの共有方法の違い

投稿日:

クラウド・ストレージ・サービスの先駆者的なDropboxのユーザーはとても多いものと思われますが、仲間とフォルダー/ファイルを共有しながら便利に使ってきている方にとって、Googleドライブでは共有の仕組みがDropboxとは異なっており、戸惑いを生じてしまうかもしれません。

Googleドライブの同期ツール(現行ではバックアップと同期を利用しており、クラウドと同期が行われているハズなのに、他人から共有してもらったフォルダー/ファイルが、いつまで待っても自分のパソコンのGoogleドライブフォルダーに落ちてこない、という問題です。

対処法とGoogleドライブのしくみの違いについて、詳しく見ていきましょう。

(さらに…)

Googleドライブの進化型「バックアップと同期 = Backup and Sync」

投稿日:

Googleドライブが進化し、従来の同期アプリは12月11日でサポートが終了することになり、2018年3月12日以降は利用できなくなります。

その代わりに、GoogleドライブとGoogleフォトを合体させて、より便利に進化した「Backup and Sync=バックアップと同期」が公開されています。

旧来の「Google ドライブ」アプリから「バックアップと同期」アプリへの移行はとても簡単で、上書きインストールをすればいいだけです。それでは詳しく見ていきましょう。

(さらに…)